こんにちは!

今日は皮膚科や美容クリニックで行われている
シミ取りの治療内容と種類について書きます。

私も30歳を過ぎたころからだんだんと
シミが出始めてきました。
シミがとても濃くなってしまい
美白化粧品でのケアに限界を感じ
皮膚科で相談してみたんです。

今回は皮膚科で相談した事や
先生に教えてもらった
シミの原因や種類についてまとめます。

シミの原因と種類

シミは皮膚内でメラニン色素が肌に定着してでいる
茶色や褐色の斑点。
シミの原因は紫外線、ホルモンバランスの乱れ、老化、
遺伝などさまざまです。

シミは原因や症状で分類する事ができます。

・老人性色素班

・炎症性色素沈着

・肝班

・そばかす

・脂漏性角化症

・花弁状色素班

シミは種類によって治療方法が異なり
複数のシミが混在している事もあります。

皮膚科で専門医に診察してもらい、
シミの種類を特定する事で
シミ治療がスムーズに行われるそうです。

皮膚科でのシミ取り治療

シミ取り治療と言えば皮膚科や美容クリニックでの
レーザー治療を想像する方が多いかお知れません。

しかし、レーザーや光の治療をする前に
保険が利く塗布薬(クリーム)や内服薬での治療を
試してみるのが良いんだそうです。

今回ご紹介する皮膚科でのシミ取り治療は
老人性色素班、そばかす、肝班、炎症性色素沈着に
効果が高いと言われている方法です。

治療は2通りあり、
美白効果のある塗布薬、内服薬の服用です。
専門医が処方したお薬を使った治療になります。

美白効果が高いとされている成分が
化粧品や医薬部外品には含有できない
高濃度の治療薬になるので、効果が高いです。

しかし、お肌への負担や副作用も。
様子を見ながら、医師と相談し治療をすすめてください。

美白効果のある塗布薬

ハイドロキノン軟膏

トレチノイン軟膏

ハイドロキノンは肌の漂白剤といわれているほど
美白効果が高く、

トレチノイン軟膏は
お肌のターンオーバーを高めてくれる作用があるので
二つを併用する事で
美白効果がより高まるんだそうです。

ハイドロキノン、トレチノインを併用する
皮膚科でのシミ取り治療はとてもメジャーで
レーザーや光治療をする前には
必ずといって良いほど、試される方法です。

美白効果のある内服薬

トランサミン

ビタミンC誘導体

ビタミンE

L-システイン

メラニンの生成を抑制させたり、
抗酸化作用により、色素沈着を防ぐ作用のある
成分たちです。

私もこれらを使って美白治療をしました。
皮膚科での、これらのシミ取り治療は保険治療になるので
お財布にも安心です。