前回、
シミの種類と軟膏薬を使った
皮膚科での治療法をご紹介しました。

今回はその軟膏治療で効果が出なかった場合
最終兵器ともいえる
シミ取りレーザーを使った治療を
ご紹介したいと思います。

シミの種類により使うレーザーが違う!

老人性色素班
紫外線が原因のシミ。
年齢を重ねお肌が老化と蓄積された
紫外線ダメージによりシミが現れます。

お肌が老化すると肌の再生機能や
メラニンなどの老廃物を排出する機能が低下し
顔、手、背中、腕など
紫外線を浴びやすい場所によく現れます。

40代くらいを境に現れるのも特徴です。
放置すると脂漏性角化症(老人性いぼ)
となる場合もあるようです。

治療には老人性色素班の色素にだけ反応する
QスイッチルビーレーザーやYAGレーザーがおすすめです。

そばかす
鼻や頬に生じる茶褐色の色素班です。
遺伝性、遺伝性でないもの2種類があるのですが
主な原因は紫外線です。

色の白い人に多くあるのが特徴で
紫外線を多く浴びると濃くなったり
増えてしまったりするようです。

治療には広い範囲を優しい光で勝者治療する
フォトRFやポイント使いのYAGレーザーが良いようです。

肝班
広範囲の薄い褐色で顔の左右対称に現れるのが特徴です。

妊娠やピルによりホルモンバランスが変化すると
現れるようです。
更年期の女性にも多く見られますが
高齢者には見られないのが特徴です。

治療はトラネキサム酸やトレチノイン外用薬を使います。
低出力のレーザー照射を併用する事もあるようです。

炎症性色素沈着
傷跡やニキビ跡、化粧品かぶれ、虫さされにより
炎症が起こり、それが治った後に肌に残る
シミを言います。
 

性別や年齢に関係なく現れ、
時間の経過により自然にキレイになるのが
特徴です。

治療には特殊な光で定着してしまった
メラニン色素に作用するおフォトフェイシャルや
フォトRF、瞬間的な高いパワーで
メラニンを除去するQスイッチルピーイレーザーや
YAGレーザーが良いようです。

レーザー治療は高い効果が期待できますが
自由診療のため、健康保険が使えません。
クリニックや皮膚科により料金設定に幅があるので
しっかりとチェックする事が必要です。